ちゃんとやらない!

ただの日記、本当にただの日記

エモーショナルに生きる

ToDoリストの最後のほうに「大事な言葉」という枠がある。

忘れてしまわないようにメモした言葉がたくさん載っている。

「エモい記事の書き方」を見つけたとき、大事な言葉の枠に記入した。

 

いくつかあるブログの書き方を整えることに。

自分の表現の場を変えるということ。

 

改めて、この場ではリアルな気持ちを表現しようと決めたのだが。

感情を活字にするのは、センスと根気が必要みたいだ。

気持ちにぴったり合う言葉が見つからない。

 

この気持ちを素直に表現できれば「エモい記事」になること間違いなし。

さて、そうするためにはどうしたらいいのか。

 

いつもアドバイスをくれる人が言うのは、「まずは本を読もう、小説を読もう」ということ。

村上春樹なのか、東野圭吾なのか、遠藤周作かもしれない。

溺れるほど本にハマってみたい。

言葉に没頭してみたい。

 

憧れのブロガーさんに、本が大好きな人がいる。

オススメの本も教えてくれる。

まずはそれをきっかけに、読書を始めてもいいかもしれない。

 

エモーショナルな感性を磨くために。