月曜からポンコツ 〜ポンコツ倶楽部〜

ただの日記、本当にただの日記

人を好きになるということ

ネットが順調に開通して、やっぱりブログを更新したくなるわけで。

なんとなくモヤモヤな分からない気持ちからの脱出のために

やっぱり、また書いてみようってね。

少し前に「人が苦手」とか書いた記憶がある。

読んでくれてコメントもらったり、気持ちを考えてもらったり。

ありがとうございました。

何かのきっかけで好きな人ができた。

一目惚れだったり、どこか素敵なタイミングだったり。

「あいつのコト好きかもしれない」って。

相手のことを知りたいと思う気持ちと、

自分のことを知ってもらいたいと思う気持ちが

同時にスタートして、自分の中で競争しあってる。

その競争が終わる瞬間ってのは

自分が告白したとき。それか相手から告白されたとき。

ただ、告白が成功すると、また競争し始めるんだけどね。

これといって好きな人がいないとき、

知りたいと思う気持ちと

知ってもらいたいと思う気持ちが

競争してないから、平坦な人になりがち。

身の回りが嫌いな人だったら、

自分自身が鎖国状態になるから、

人に干渉されるのが嫌になる

つまり、人が苦手になるんだなぁって。

そもそも「好き」とか「嫌い」って。

古い日記に、

「好きの反対は嫌いじゃなくて無関心なんだよ」とかいうことを

書いていたような覚えがありますが。

「嫌い」って思うことは、相手とつながりがあるから思うのだろうか。

相手と色々な関係の中で、考え方が違ったり、歩調が合わなかったりで。

少しでも関係しているからこそ、嫌だと思うのかなぁって。

「歩調」

って言葉を聞くと「耳をすませば」になってしまう。

主題歌の歌詞に「歩調」って言葉があったんだろうな。

タイトルコピーは

「好きなひとが、できました」

そんな日記を書いた記憶もあるみたいで。

なんとなく前から同じようなことを考えていたみたいです。

「人を好きになるということ」

相手は誰だっていいと思います。

男性でも女性でも、若くても年配でも。

人として生きている自分がいて、

人を好きになるというのは当然のことだと思うし、

人を好きになったから、

その人に好かれたいと思う。

そこで相手から認められることによって

自分のポジションが確立できるのでしょうか。

頑張ったら頑張った分だけの充実があって、

でも失敗すると、柄にも無いくらい凹んでしまって。

やっぱり失敗するのは嫌だけど、後悔するのも嫌だから。

どうせなら、早いうちに解決しておきたいしね。

前向きに考えていけば、そこでつながるような気がします。

人を好きになるということ

相手から認めてもらいたいんだろうなぁ。

そういう中で自分が頑張ってアピールするから

見た目にしろ、内面にしろ。

そういう人を見ているとカッコイイなって思う。

自分が成長するんだろうなぁって。

類は友を呼ぶ。

だから、自分自身も頑張らないと。

いろんな人に近づくために。